社名SEOとは

社名SEO(社名検索対策)とは、企業名の検索結果の改善し、レピュテーション(評判)の改善を図る取り組みのことです。「逆SEO」(リバースSEO)ともよばれます。社名SEOでは、自社ドメイン(独自ドメイン)を多数運用し、社名検索の上位をポジティブ情報で埋め尽くします。 現代のネット社会において、企業の広報担当者の最も大事な業務の一つとされています。株式会社WEB広報は、全国の企業様に社名SEOのサービスを提供しています。

検索結果の1、2ページ目

インターネットで会社名を検索したときの検索結果は、その企業のイメージを決定づけます。検索結果の1ページ目や2ページ目に、2ch(2ちゃんねる)などのネガティブな情報があると、会社として大きな痛手です。2chに限らず、だれもが自由に投稿できる口コミサイトや転職サイトが上位だと、そのサイトに誰かが悪口を書き込んだときに風評被害が発生する恐れがあります。

自社ドメインで埋める

このため、検索の上位は自ら内容(コンテンツ)をコントロールできるようにしておくことが望ましいといえます。 そのためには、自社ドメイン(独自ドメイン)で上位を埋めておく必要があります。

ドメインとは

ドメインとは、インターネットのURLの大元のことで、「○○.com」「○○.co.jp」など固有のアドレスを指します。 自社で管理するドメインならば、第三者によってネガティブな内容が書かれるリスクがありません。

ポジティブ情報発信のベース

企業の広報活動を円滑に進めるためには、自社の独自ドメインを多く確保することが欠かせません。 ドメインを社内で多数抱え、それぞれを上手に運用することで、検索結果の上位に有益な情報をたくさん表示させることができます。

ドメインの育成

独自ドメインは、単に取得しただけではSEO効果は発揮できません。ドメインにオリジナルなコンテンツ(文章など)を載せることで、初めて威力を発揮します。優良なコンテンツがあるドメインは、Googleなどの検索エンジンからの評価も高くなります。強力なドメインを多く育成することで、社名検索や商品名検索をしたときに、上位を独占することが可能となります。

社名SEO対策サービス

当社では、独自ドメインを活用した社名SEOのサービスを提供しています。検索エンジンの最先端のアルゴリズムをふまえた対策により、企業や商品のレピュテーション向上や風評被害防止をサポートします。

逆SEOの問い合わせ

「2ch」「5ch」「爆サイ」「知恵袋」「したらば」に勝つ

会社名で検索をしたときに、掲示板や口コミサイトが上位に表示されてしまっているのは、企業にとって好ましい状況とはいえません。掲示板や口コミサイトは、だれかに悪口を書き込まれるリスクが常につきまとうからです。

掲示板・SNSの検索エンジンからの評価

2ch(2ちゃんねる)や知恵袋といったサイトは、検索エンジンからの評価が高く、社名検索の上位にランクされやすいです。それは、内容の正確性とはほぼ無関係です。多くの人たちによって大量の情報が日々書き込まれているため、上位に表示されやすくなっています。2ch以外にも、5ch(5ちゃんねる)、爆サイ、したらばなど、様々な掲示板が存在しています。このほかにtwitterなどのSNSもあります。

業種別の口コミサイトも
不動産会社なら「e戸建て」

業種別・サービス別の口コミサイトもリスキーな存在です。例えば飲食店なら「食べログ」、不動産業界なら「e戸建て」など、自由に書き込むことができるサイトが存在しています。多くの企業や店舗が中傷を受けて困っているのが現状です。

「転職会議」対策も重要

さらに、転職会議などの就活サイト・転職情報サイトも、社名検索の上位に表示されやすく、悪口が書かれた場合に大きなダメージになりやすいです。

「公式サイトの下に口コミサイト」は避けたい

有力な掲示板やSNS、口コミサイトを社名検索結果の1、2ページ目から追い出すのは、そう簡単ではありません。検索順位の1位や2位を会社の公式サイトにするのは簡単ですが、3位や4位に掲示板や転職サイトが食い込んでくる可能性があります。そうならないためには、公式サイトとは別のドメインを複数育て、運用しておく必要があります。

WEB広報のサービス

ドメインやサーバーの構築・運用を代行

弊社(ウェブ広報)の「社名SEO」対策サービスでは、顧客企業様のドメインやサーバー網の構築・運用を代行します。 それによって、誹謗中傷サイトやネガティブサイトの検索順位を下落させます。

ネット時代における最善の危機管理

複数のドメインを活用し、社名検索で口コミサイトが上位に表示されるのを防ぐことで、風評被害を食い止めることができます。それは、ネット時代における最善の危機管理対策にもなります。

公式サイトを社名SEOのために最適化する

また、弊社では、企業様の公式サイトが「社名SEO」に強くなるように、抜本的な改革を提案しております。通常、企業の公式サイトは社名SEOや逆SEOに適した設計やシステムにはなっていません。当社が、社名検索に強いサイトに変更するための技術的なサポートを行います。

「事業別サイト」「SNS]「ブログ」をフル活用

複合的なサイト戦略で、誹謗中傷に対抗

ウェブ広報では、企業様の「事業別サイト」「SNS]「ブログ」の展開のサポートも行っています。公式ホームページが一つしかないと、ネガティブなサイトが登場したときに、そのサイトが検索上位に表示される可能性が高まります。 マルチなサイト展開を行うことで、社名検索によるブランドイメージの悪化を防ぐことができます。

事業別サイトは、一石二鳥

企業の事業や部門ごとのサイトを立ち上げるのは、一石二鳥のメリットがあります。一つの企業として複数のサイトを持つことで、それぞれが、会社名の検索のトップページにエントリーすることが可能となります。さらに、それぞれの事業部門にとっての重要キーワードでも上位表示されやすくなり、ネット集客力を高めることができます。

SNSの活用

社名SEOは、FacebookやツイッターなどのSNSの活用が重要になります。SNSは、更新しやすい内容設定にすることが極めて重要です。更新がしづらい設定にしてしまうと、長続きせず、社名検索などのSEO対策も失敗に終わる可能性が高くなります。ウェブ広報では、継続しやすいFacebookやツイッターの立ち上げや作成を代行いたします。

逆SEOの問い合わせ